化粧水でエイジングケアを高めるコツ

subpage01

洗顔直後に使用する化粧水は素肌に使用することに加え、美容液などの他のスキンケアアイテムと比較して使用回数が多いのが特徴です。
ですので、自分の肌質にあったものを正しい方法で使うことで、高い美容効果を期待できます。

安心をコンセプトにした化粧水のエイジングケアに関する耳より情報です。

エイジングケアで化粧水を使おうと思ったら、肌トラブルにあわせて配合されている成分を選ぶことが大切です。

年齢を重ねるにつれて肌が乾燥してきたという人は、皮膚の中の保湿成分の減少が考えられます。私達の肌の中にはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分があるので、これらをメインに補っていくのがおすすめです。

さらに保湿効果を高めるために、肌に浸透しやすいのように低分子化やナノ化されたものを使うようにしてみましょう。肌のくすみやシミ、ニキビ跡などをケアしたい人は、美白に特化したエイジングケアアイテムが最適です。



化粧水に配合される美白成分には多くの種類がありますが、その中でもシミの還元効果が高いビタミンC誘導体やプラセンタエキスがおすすめです。


ビタミンC誘導体は、シミをケアする効果のあるビタミンCを肌の浸透しやすいよう加工したものです。



さらに化粧水だけではなく、クリームや乳液のように油分が多いアイテムにも配合しやすいので、化粧品をライン使いしてシミケアできるのが魅力です。
プラセンタエキスは肌の新陳代謝を高める働きがあるので、シミケアと同時に弾力やハリの向上も期待できます。

オールマイティーにエイジングケアできる美容成分なので、積極的に利用してみましょう。