エイジングケア化粧水はビタミンC配合がおすすめ

subpage01

エイジングケア化粧水は、エイジングケア基礎化粧品の中で一番種類が多いです。
選ぶ時は、年齢だけでなく自分の肌質に合わせてチェックすることが大切です。

化粧水のエイジングケアならお任せください。

保湿はエイジングケアに欠かせない必須事項なので重要視すべきです。



しかし化粧水のみで保湿をするのではなく、保湿クリームなどを使ってトータルで保湿していくものなので、化粧水は保湿だけにこだわるのではなく、化粧水が得意とする「エイジングケア成分の浸透」にも注目することがポイントです。


エイジングケア成分でよく使われているのが、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといったものです。
これらは単に配合されていれば良いというわけではなく、分子が小さくなっているかどうかを確認した方が良いです。
「ナノ化」や「アセチル化」という表記があれば、肌の細胞と同程度に分子を小さくしているということなので、浸透力に優れた成分が使われているとわかります。



また、コラーゲンはエラスチンと一緒に肌に届けると相乗効果が得られると言われていますし、ビタミンC誘導体もコラーゲンの生成をサポートします。

ビタミンC誘導体の働きはシミやくすみを予防・改善するだけではなく、皮脂をコントロールしたり大人ニキビとニキビ跡の予防と改善効果もありますし、たるみ毛穴のケアも可能です。

水溶性のビタミンC誘導体は化粧水に配合されるので、エイジングサインが目立つようになった肌に良い効果をもたらしますのでおすすめです。